human stain

休職→復職→退職勧告を拒否しつつ通勤→強制解雇●現在自宅療養中●抑うつ・睡眠障害・抜毛・がん闘病中●病気・趣味・思いついた事などをつらつらと●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ルナシー



先日、
「ルナシー」
という映画を観てきました。

ルナシー公式サイト

チェコの映画監督、シュバンクマイエルさんの最新作。
待ちに待ってたのさ♪

挑発的で狂気的な“ 哲学的ホラー ”

と、上映館のHPでの解説に出てました。

すっごく面白かった。
グロが苦手な方はダメかもしれないけど。
シュバンクマイエルさんの作品はまだこれで2本目。
他の作品ももっと観たかったけど、観に行けないまま終わっちゃった。
特集で短編をたくさんやってたのにー。
(ノToT)ノ┫:・'.::・┻┻:・'.::・




ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0
∧top | under∨

ゆれる



今月、心揺さぶられる映画を観た。
一度目は一人で、二度目は彼と。
二度とも、ラストシーンで泣いてしまった。

この映画を観てしまうと、数日間の間、私の心は、この映画で満たされたしまう。
こんな映画は、そうそうない。
こんなに心を揺さぶる映画は、めったにない。

「ゆれる」

が、その映画だ。

いろいろなものが「ゆれる」のだが、

兄弟の心の「ゆれ」?「ぶれ」?「真意は?」「本当の兄は?」「本当の弟は?」

と、見終わってからも、悩みに悩んで、「ゆれ」が、心に住み着いて離れない。
実際、生活に支障をきたしているほどだ。
頭から離れない離れない離れない…。


できればもう一度、劇場に足を運びたい。
DVDが出たら絶対買う!

おすすめ映画です!


ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
別窓 | 映画 | コメント:2
∧top | under∨

交際相手にトミー・リー・ジョーンズさん lindt_blau氏明かす

26日、夕ご飯から帰宅した「human stain」の管理人、lindt_blau氏は、帰宅直後に自宅マンションにて記者会見を行い、現在俳優として活躍中、また2005年のカンヌ国際映画祭で、最優秀男優賞と最優秀脚本賞の2部門受賞に輝いた『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』の、監督・主演のトミー・リー・ジョーンズさんとお付き合いの妄想を進めていることを明らかにした。
lindt_blau氏は、
「本来は正式に決まってから公表するつもりでしたが、うっかりトミー・リー・ジョーンズさんの名前を出してしまった以上は、はっきり言います」
と述べ、トミー・リー・ジョーンズさんを交際相手の候補として一本化した理由について、
「渋さと一途さを合わせ持った素晴らしい俳優。ていうか演技力云々より、あの顔が好き。私の彼としてふさわしい」
と述べた。
さらに、lindt_blau氏は、
「私自身はまだ本人と会ったこともないが、「MIB(メン・イン・ブラック)」の頃から妄想は進めてきた。あとは本人の意向次第ということなので、7、8割の確率でうまくいくと考えている」と妄想の状況を明かした。「human stain」では、週明けにもトミー・リー・ジョーンズさんとの詰めの妄想を進めていくという。
(スポナビ)



※一応書いておきますが、フィクションです。
※元ネタは「イヌゲノム」さんとこの6月24日の記事です。
※よくわからない方は「続きを読む」を読んでね♪




ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
交際相手にトミー・リー・ジョーンズさん lindt_blau氏明かす …の続きを読む
別窓 | 映画 | コメント:3
∧top | under∨

LA MARCHE DE L'EMPEREUR

皇帝ペンギン 皇帝ペンギン
エミリー・シモン (2005/07/06)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


最近、また聴いているサントラCD。
すごくいいんですよ。
聴いていると、心が優しくなる感じ。
(たしか)映画の最後にかかる曲なんて、かわいくて。

「All is white」
♪I want to live in paradise
At the south of the earth tonight♪


♪今夜は地球の南のパラダイスでくらしたい……

って、
「おまえら、地球の一番南の、めっちゃ自然の厳しいところにいるやん!」
と突っ込みを入れたくなりますが。
でも、素敵な曲なんですよー。


もちろん、映画も観ました。

皇帝ペンギン プレミアム・エディション 皇帝ペンギン プレミアム・エディション
ドキュメンタリー映画 (2005/12/16)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ひたすら、南極の皇帝ペンギンを追い続ける、ドキュメンタリー映画。
極寒の地で生きていく彼らの姿には感動させられます。



ブログランキングに参加しています
FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画
∧top | under∨

自分の嗜好を追求する人たち


今日は「立夏」ですね。
暦の上では今日から「夏」だそうで。

昨日は「アンダーカバー・ミーツ・シュヴァンクマイエル」 に行って来ました。
※4月30日に書いたUndercover Meets Svankmajerです。

昼間、全然動けなくて、洗濯だけなんとかしたけど、あとはダラダラ。
ギリギリになって、あわてて出掛ける仕度をするしまつ。

出掛けてみれば、今度は気分が悪くなって…。
太田胃酸飲みました。
その後、セニランも飲みました。
なんだか落ち着かなくて。
気分は最悪だったけど、観てみたかった映画を観ることができたので、それはよかったです。
場内も混んでなかったし。
マニアック過ぎるのかな。
( ;^^)ヘ..

見た作品はこれ↓
ヤン・シュヴァンクマイエル『悦楽共犯者』




いろんな「癖」?を持つ人が出てきて、それぞれこっそり隠れてやっている。
一見つながりのない人々のように見えて、実はつながっていたりして…。
自分の「趣味」?をひたすら熱心に、でも隠れながら遂行する人たち。
多分、絶対他人には知られちゃいけないと思ってる。
現実の世の中にももしかしたらたくさんいるのかもしれない。




ブログランキングに参加しています
FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画
∧top | under∨

Undercover Meets Svankmajer



昨夜はなかなか寝付けなかった。
体は疲れているはずなのに。

昨夜から、ずっとひとり。
彼が旅に出ているので。
日頃、私の趣味に付き合ってもらってばかりなので、彼の趣味のための時間も大切にしてあげたいと思っている。

・・・・・

連休が始まった、と世間は騒いでるが、日付通りに出社なんで(明日、明後日は平日)、
『昨日今日はいつもの週末』
と、自分に言い聞かせている。

3日からの連休は、祖母の「百か日」くらいしか予定がないなー、と思ってましたが、見つけちゃった♪

「アンダーカバー・ミーツ・シュヴァンクマイエル」

という展示・上映会が、東京・墨田区であるとのこと。

※詳細はこちら↓
Undercover Meets Svankmajer

うおー!行きてぇー!

混むのかなぁ?
混むのは嫌なんだけど。
でも、こんなのそうしょっちゅうやってくれないしなー。

シュヴァンクマイエル氏については3月30日に記事で書いたけど

こんな身近なとこで、展示・上映会をやってくれるなんて…。
行かないと。
「行け」と、神様に言われているような気がする(笑)


ブログランキングに参加しています
FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画
∧top | under∨

The Human Stain





私の好きな映画『白いカラス』



この映画の原題が「The Human Stain」で、このブログのタイトルはそこから拝借いたしました。

私の好きな、アンソニー・ホプキンスとニコール・キッドマンが出ている映画。
DVDも買って、何度も観ました。
(映画館で観た時は、寝たくせに)

白い肌を持って産まれた黒人。
黒人であることで差別される故、黒人であることを隠して生きてきた、ある大学教授のお話。
その大学教授が、暗い過去を持つ女性と出会って…。

邦題の「白いカラス」も、内容を見ると、的を射ていると思います。

アカデミー賞受賞俳優が二人揃って出てる作品なのに、あまり話題にならなかった気がしますが、何故でしょう?



ブログランキングに参加しています
FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画
∧top | under∨

ヒメネスは夢の町



新宿という街は好きになれない




先週末は、2005年のカンヌ国際映画祭で、
最優秀男優賞と最優秀脚本賞
の2部門受賞に輝いた、
『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』
という映画を観てきました。

公式サイトはこちら↓
『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』


何故かって、だって、トミー・リー・ジョーンズ主演・監督作品なんだもん。
例のごとく、上映終了間近に迫っての鑑賞。

観客の年齢層がちょっと高かったような…。
外人さんもいたなぁ。

主演のトミーさま♪はかっこよかったですよ!
渋すぎ。
ここまで、友情を、自分の信念を貫き通せるのか、と思いました。
友との約束を守るために、結構容赦ないことするんだけど、何よりも、約束を守るために自分自身がとっても危険なことをしなければならない。
でも、それをやりとおすんだな。
すごいなぁ。
情けない男や、さばさばした女も出てきてたから、彼らととても対照的でした。
だからこそ、主人公の一途さが際立つのだろうなー。

カウボーイや馬が出てくるけど、いわゆる「西部劇」ではない作品です。



今朝もなんとか朝から出社できました。
起きるのすごく辛かったけど。

5分の遅刻も、上司よりちょっとだけ早く着いたから、よしとしよう。
(勝手に)

なんだか、今日の天気は嫌ですねぇ。
風があって、雨も強くて、ところによっては雷も?って予報で。
早くやんでくれるといいのだけど。

これからまた、本社に行かなければならないから。
暴風雨の中、外に出るのイヤだよう。
(x_x)


ブログランキングに参加しています
FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画
∧top | under∨

映画に対する集中力

頭痛がおさまらない。
これが、歯のかみ合わせからきてるのか、そうでないのか、わからない。
先週、歯医者の予約をキャンセルして、別の日にしてもらったのだけど、それまで、この「頭痛」に耐えられるのだろうか?

先週、今週と、観たかった映画をガーっと観にいった。
もうすぐ上映終了ってこともあって。
18日(日)から今日まで、4本も観てしまった。
疲れたけど、満足♪

<観た映画の公式サイト>





<販売されているDVD>



<DVDも無いようなので、パンフレットの写真>
(画像が悪くてごめんなさい)


追記:公式サイトを見つけました
ルー・サロメ 善悪の彼岸 ノーカット版



で、今週末も観たい映画がある。
今年の初めは、なかなか観にいけなくて、観ずして上映終了…というのもあったから、行ける時に行っておきたい。

映画館に行っているとは言っても、相変わらず体調はよくない。
前述の頭痛も含め、肩凝り、眼精疲労、それに鬱々…。
体が動かないことが多い。
それをおして、映画館に向かっている。
が、映画館にたどりついて、席に着き、映画が始まってしまえば、それなりに集中力が出てくる。
(たまに寝ちゃうこともあるけどね)

それでも、映画を観終わった瞬間、極度の不安に襲われ、薬を飲むこともある。
この場合、映画の内容は関係ない。
どちらかといえば、人の多さとかかなぁ?

これだけ苦痛を伴いながらも、映画を観にいく事ができるのは、やはり私が本当に「映画好き」だからなんだろうな、と思う。



ブログランキングに参加しています
ぜひ、ポチっと押してください!
m(_ _)m
最近「最新記事」が反映されてませんねぇ…


FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画 | コメント:2
∧top | under∨

白バラの祈り

すっごく観たいと思っていた映画、

「白バラの祈り
ゾフィー・ショル、最期の日々」


(日比谷での)上映がもうすぐ終了ということで、あわてて一昨日観にいってきました。

公式サイトはこちら↓



あらすじ等詳しくは公式サイトを見ていただくのがよろしいかと。

簡単に書くと…
1943年のドイツ。主役はゾフィーという大学生。
反ナチスのビラを兄と配ったことでゲシュタポに逮捕され、尋問、裁判の後、処刑されるまでのたった!5日間の、本当にあったお話。

ゾフィーという女性の、勇気、強さ、優しさ、知的さ、何しろ彼女に魅かれる映画です。

ひさしぶりに映画を観て泣きましたよ。
(っつーか、今年は体調悪かったり、いろいろ忙しかったりしたので、映画自体、なかなか観に行けなかったのですが…)

上映が終わった瞬間、パラパラと拍手も起こりました。

・・・・・

ゾフィーの言うところの「良心」、信念、勇気に「ナチス」は恐れをなしたのでしょうか?
だから裁判も処刑も急いだのでしょうか?
ひとつの思想に固められ、それに従って突き進んでいこうとする国家が一番恐れるもの、それがゾフィーの「良心」だったのかもしれません。

わたしは、たったひとつの考え方に、多くの人が従ってしまうという状況に恐怖を覚えます。
従うだけじゃなくて、それを、違う考えを持つ人に強要すること。

これは、ナチスに限ったことではありません。
今、世界中で起きてる戦争や紛争も同じことだと思います。
日本国内でも、規模の違いはあれ、存在すると思います。

「ひとつの思想」に動かされた群集は、時に、「善」にも「悪」にもなり得ると思います。

でも、こう書いていると、今まで自分が「正しい」と思ってきたことが、実は「間違って」いるのではないか、と不安にもなってしまいます。

だからこそ、いろいろな人の意見や考えを聞きたいし、知りたい。

自分の考えや信条を、そう簡単に変える事無く、一方で人の意見にも柔軟に耳を傾ける、
難しいことだけど、出来る限り、そんなふうに生きていきたいと思った映画でした。






ブログランキングに参加しています
いつも押していただきありがとうございます!
m(_ _)m

FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画 | コメント:2
∧top | under∨

ランディがいなくなった

ランディがいなくなってしまいました。
。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

映画『星になった少年』に出てくる象、ランディ。

この映画を映画を観た時に買った携帯ストラップには、星と象が付いていたのですが、今日、象の部分だけ無くなっている事に気付きました。
(´;ω;`)うるうる…



この映画は主演の柳樂くん観たさだけで、観にいきました。
感想は…えーっと…テレビの2時間ドラマでもよかったのではないかと…。

『誰も知らない』が良過ぎたんだよね。
何しろ、柳樂くんの瞳が印象的で。
子供たちが可愛くて、けなげで。
私は、劇場へ2回も足を運んでしまいました。

カンヌで柳樂くんが「主演男優賞」を取った直後だったから、劇場はすごく混んでいて、上映前、私はひとりでパニック状態。
薬を飲んでも、症状はおさまらず、どうなることかと思いましたが、映画が始まってしまったら、もうパニックはどこかにいってしまい、作品にのめりこんで観てました。

下記DVDも買いましたが、まだ観てません。
時間と心に余裕がある時に、ゆっくり観たいと思っています。






ブログランキングに参加しています
いつも押していただきありがとうございます!
m(_ _)m

FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画
∧top | under∨

『惑星ソラリス』


『KADOKAWA世界名作シネマ全集〈第6巻〉SF映画の傑作―
「猿の惑星」「惑星ソラリス」』




発売されるのを、待ちわびていた本を買いましたよ。
この本に付いている
『惑星ソラリス』のDVDが欲しかったんですよ。

この
『惑星ソラリス』のDVD、6090円もするんですよ!

それに対して前記のKADOKAWAの全集は、3480円!
で、『猿の惑星』のDVDも付いてる!

これは買うしかないでしょう、と思ったのですが、発売前日にアマゾンを見たら、
「売り切れ」
の文字。
でも、別のルートで入手しましたよ。

…今、アマゾン見たら、現在は購入可能みたいですね。

『惑星ソラリス』は、昔、テレビを録画したものを何度か観ようとしたのですが、その度に、途中で睡魔に襲われ挫折…。
何度目かでやっと最後まで見る事が出来ました。
それでも、大好きな映画です♪


・・・・・テレビで放送した時、放送の冒頭での解説で、の某水野氏は、
「とにかく、かわった映画です」
と仰っていましたが。
(それって解説になってるんかい?!)





ブログランキングに参加しています
ポチっと押していただくとありがたいです
m(_ _)m

FC2 Blog Ranking
別窓 | 映画
∧top | under∨
| human stain | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。