human stain

休職→復職→退職勧告を拒否しつつ通勤→強制解雇●現在自宅療養中●抑うつ・睡眠障害・抜毛・がん闘病中●病気・趣味・思いついた事などをつらつらと●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

全身小説家

20090304164549
今日はこれから映画を観ますよぉ。
上映期間が1週間だから(先週土曜日から金曜日まで)、頑張って高田馬場まで来ましたよぉ。


午前中に放射線治療が終わって、だるくて、受付前のベンチに座ってしばらく寝てしまいました。
φ(_ _)。o○グゥ
今日映画観に行くの無理かなーと思って、もう帰宅しようかと考えたけど、少し休んだら、ちょっと復活してきたので、電車乗り継いできましたよ。

~・*・~・*・~

今日観る映画↓↓↓
全身小説家 (1994年) -キネマ旬報ベストテン1位・日本映画監督賞、毎日映画コンクール日本映画大賞、等受賞
(↑wikipediaより抜粋↑)
~・*・~・*・~

(↓Yahoo映画より転載↓)〓映画解説
全身小説家
「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督が、平成4年5月にガンで亡くなった小説家・井上光晴の晩年の5年間を追ったドキュメンタリー。
映画は、彼が文学を教える生徒や、埴谷雄高、瀬戸内寂聴らの証言を通して、井上光晴の文学活動を捉えるとともに、撮影開始直後に発覚したガンと闘う姿を生々しく撮り続ける。
さらに、親族や近しい関係者たちの証言から彼が履歴や原体験を詐称して文学的虚構を創りあげていた事実をも暴き出して、まさに“全身小説家”だった井上光晴の実像に迫る。

~・*・~・*・~
別窓 | from携帯
∧top | under∨
| human stain |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。