human stain

休職→復職→退職勧告を拒否しつつ通勤→強制解雇●現在自宅療養中●抑うつ・睡眠障害・抜毛・がん闘病中●病気・趣味・思いついた事などをつらつらと●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

東京大空襲とチベット蜂起

今日は放射線治療と外科の診察に行ってきました。
足のだるさと踵の痛みを、外科の主治医に訴えて、対処方を聞き、薬を処方してもらいました。


今日3月10日は、東京大空襲の日であり、チベット蜂起の日ということで。
wikipediaよりコピペ↓

~・*・~・*・~

■東京大空襲(とうきょうだいくうしゅう、英語:Bombing of Tokyo in World War II)は、第二次世界大戦中アメリカ軍により行われた東京に対する一連の大規模な空襲。
東京は1944年11月14日以降に106回の空襲を受けたが「東京大空襲」と言った場合、特に規模が大きい1945年(昭和20年)3月10日に行われた空襲を指すことが多い。太平洋戦争に行われた空襲の中でも、とりわけ民間人に大きな被害を与えた空襲である。

~・*・~・*・~

■1959年のチベット蜂起(せんきゅうひゃくごじゅうくねんのチベットほうき)が始まったのは、1951年以来中国共産党の支配下にあったチベットの首都ラサで、1959年3月10日に反中国・反共産主義の民衆暴動が勃発したときのことであった。
(中略)
チベット亡命政府の推定値によると、1959年の蜂起にともなうさまざまな出来事により約86,000人のチベット人が死亡したとされているが1、中国政府はこの主張に異を唱えている。
ノルブリンカは、約800発の砲弾による攻撃を受け、宮殿内にいたかもしくは周囲で野営していた数知れない数のチベット人が殺された。1ラサの三大寺院であるサラ、ガンデン、デプンは砲撃によって深刻な損傷を受けた。
特に、サラ寺とデプン寺はほとんど修復不可能な損傷を受けている。
ラサに残ったダライ・ラマ14世のボディガードたちは、自宅で武器を隠し持っていたチベット人たちと一緒に武装解除され、公開処刑された。
何千ものチベットの僧侶も処刑もしくは逮捕され、ラサ市周辺の僧院や寺院は略奪もしくは破壊された。

~・*・~・*・~

犠牲になられた方々を思い、平和を祈念して合掌。


…ダライ・ラマ14世がインドに亡命して50年。
50年経ってもチベットに平和は訪れていない。

東京大空襲から64年。
私は今、東京にあるカフェでゆっくりお茶を飲んでいる。
別窓 | from携帯
∧top | under∨
| human stain |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。