human stain

休職→復職→退職勧告を拒否しつつ通勤→強制解雇●現在自宅療養中●抑うつ・睡眠障害・抜毛・がん闘病中●病気・趣味・思いついた事などをつらつらと●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Ludwig

20090613203551
一番好きな映画は?と聞かれたら、迷いつつもやはり、

『ルートヴィヒ/神々の黄昏』(監督:ルキノ・ヴィスコンティ)(1972年)

と答えると思う、今でも。初めて観たのは高校生の時だ。
あの頃から、ひとりで映画を観に行くようになったんだよな。
ヴィスコンティ監督作品なんて、一緒に観に行ってくれる人なんていなかったから。

で、その映画のモデル、ルートヴィヒ2世が水死体で発見されたのが1886年の今日、6月13日なのだ。

~・*・~・*・~

以下wikipediaより一部抜粋。

――――――――――

ルートヴィヒ2世 (バイエルン王)

ルートヴィヒ2世 (Ludwig II. 1845年8月25日 - 1886年6月13日)は第4代バイエルン国王(在位:1864年 - 1886年)。

――――――――――

1870年、普仏戦争で弟オットー1世が精神に異常をきたしてしまう。
ルートヴィヒはますます現実から逃れ自分の世界に入り、昼夜の生活が逆転してしまう。
王は一人で食事を取り、あたかも客人が来ているかのように語っていたり、夜中にそりに乗って遊んでいたところを地元の住民に目撃された、と言われる。
危惧を感じた家臣たちはルートヴィヒの廃位を計画し、1886年6月12日にルートヴィヒを逮捕、廃位する。
代わりに政治を執り行ったのは叔父の摂政ルイトポルト王子であった。
ルートヴィヒはベルク城に送られ、翌日の6月13日にシュタルンベルク湖畔の小さな町ベルグで、医師のフォン・グッデンと共に水死体となって発見された。
その死の詳細は、未だ謎のままである。

~・*・~・*・~

彼が建てたノイシュヴァンシュタイン城は有名だよね。
ドイツのメジャーな観光スポット。
ディ○ニーランドのシンデレラ城のモデル。
別窓 | from携帯
∧top | under∨
| human stain |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。