human stain

休職→復職→退職勧告を拒否しつつ通勤→強制解雇●現在自宅療養中●抑うつ・睡眠障害・抜毛・がん闘病中●病気・趣味・思いついた事などをつらつらと●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ハーセプチン点滴投与3回目

20090626190821
昨日、6月25日(木)
ハーセプチン点滴投与3回目。
(1回目は1泊入院した5月8日。
2回目は6月4日に外来で。)

今週は投与途中でちょっと具合悪くなったのだけど。
まず看護師さんがテキパキと、
・体温
・血圧
・酸素飽和度
・脈拍
等々を測ってくれまして。
主治医もすぐ来て、聴診器で胸の音を聞いてくれたりしてくれまして。
具合悪さ加減を主治医や薬剤師に説明しながらも、病院スタッフの手際の良さに感心させられ。

結局、しばらく様子を見てたらおさまりました。
(主治医の許可を得て、メンタルクリニックで出してもらってる抗不安剤1錠飲みました。最近ほんと飲む回数が増えたな)



自分がそれよりあわてたのは……。
具合悪くなって、一旦薬の投与を止めて、生理食塩水のみを点滴投与してた時、お手洗いに行きたくなって、
(点滴中はトイレが近くなります)
点滴したまま部屋を出たら、血液が逆流してきちゃいまして。
お手洗いから戻ってきたら、かなり上の方まで私の血が;
大丈夫だろうとは思いつつ、ここまでのは初めてだったので、急いで看護師さんに報告。
すぐ対処してくれました。(生理食塩水を入れたシリンジで無理矢理逆流を戻す)



そんなこんなで、予定より時間がかかったものの、無事に終了。
良かった良かった。

迎えに来てくれた父親をだいぶ待たせてしまったけどねー。
ま、不可抗力だから、許してとしか言い様がないが。



ハーセプチン投与は3週間おきに1年間。
来年の5月くらいまで。
同時進行のホルモン剤投与は2年間だったかな?
こちらは今まで4週間おきだったけど、次回から3ヶ月に一度のタイプに変更します。
別窓 | from携帯
∧top | under∨
| human stain |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。