human stain

休職→復職→退職勧告を拒否しつつ通勤→強制解雇●現在自宅療養中●抑うつ・睡眠障害・抜毛・がん闘病中●病気・趣味・思いついた事などをつらつらと●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

マンモグラフィ利権~その2

前回に引き続き、某巨大掲示板からのコピペ。

■□■□■□■□■□■□■□■□

243:がんと闘う名無しさん 05/31(日) 04:16

乳がん検査は、マンモグラフィもエコー検査も実は検出率はさほど変わらない。
むしろ、エコーは体に悪影響とされる放射線を使わないこと、マンモは乳房の部分しか検査できないが、エコーでは、乳房だけでなく、胸の低い女性や、より体の深部にある病巣も発見できそれらの点でエコーが優れており、実はエコーだけあれば乳がん検診は事足りるという事実があるんだけど、医療界には「マンモグラフィ利権」っていうのがあってエコーよりマンモを世に広めようとする営利団体や組織が暗躍しているらしい。
その影響で、余命1ヶ月の花嫁関係の啓蒙活動ではマンモがクローズアップされているんだとか。


~・*・~・*・~~・*・~・*・~


93 :名前をあたえないでください:2009/05/15(金) 14:02:10
パンダ会は、なぜ、マンモで癌が映るはずもない20-30代の女性を限定し、HPから募集をかけたのか。
もちろん「余命1ヶ月の花嫁」の主人公を偲んで、若年性乳がんの早期発見を啓蒙するためにしたことは理解する。
しかしそれなら、検査法は、エコーにすべきだったはず。
そもそも若い女性にマンモグラフィー検査なんて意味がない。
40代以上の乳がんしか映らないからだ。
若い人には、超音波のエコー検査をやるのが第一選択。
今回実際に検査をした日本医学研究所や、読影担当の埼玉医用画像研究会所属医師もこのことは承知しているはずなのに一体何故のマンモグラフィーなのか。
(参照ページ)http://www.tbs.co.jp/hanayomecaravan/caravan/opinion.html

理由は、マンモグラフィー利権が絡んでいるのは明白です!
これはどういうことか。
マンモ検査機器が、エコー検査機器より高額で、その割に検査料(医療点数)が安いために、マンモ機器を導入するものの、なかなかペイできない。
これが医療機関にマンモが普及しない一因となっている。

ところが、こうしてキャンペーンを張って、全国でマンモグラフィーを受けたい者が増えれば、公的医療機関を中心に購入圧力が高まるわけだ。
レントゲンの器械屋さん(医療機器メーカーの営業屋)が一生懸命にならないわけはないのだ。

ただ、それならマンモ検査に有効となる40代以上の女性を募集すべきだった。
20-30代の女性などに仮に乳がんがあっても、マンモ検査では映らないからだ。
しかも今回、無料ではなく検査料1000円まで取っている。
パンダ会は早急に、意味のないマンモ検査を施した全国29カ所の総数2900名の女性に対し、検査費用1000円を返金するべきである!!!



94 :名前をあたえないでください:2009/05/15(金) 14:07:48
あと、なぜマンモ検査希望者をHPで募集をかけたか。
パンダ会の電話番号は、コンパニオン人材派遣と同じ番号だと聞く。
全国の20-30代の若い健康な女性の個人情報を搾取・利用して何に使いたいか。
若年性乳がんを新たな保険対象の疾病とし、全国の女性をマーケティングしてみたい保険会社に売り込むためではないか、と考えると自然。
もし逆に保険会社や機器メーカーのほうからパンダ会へ持ちかけられた話なら、映画の配給会社として名を連ねていいはずだ。

現在は個人情報保護法もあるので、今回検査を希望した女性(3000名超)は自分の個人情報を削除させることができる。
パンダ会はその削除要請に答える義務がある。
以下リンクは関係サイトだが、この中で問い合わせ先を探し、臆せず電話かメールで連絡し、強く対応させるべきである。
http://www.tbs.co.jp/hanayomecaravan/caravan/
http://sakura-panda.com/
http://www7b.biglobe.ne.jp/~panta/panda.htm


↑コピペ終わり
■□■□■□■□■□■□■□■□



私は数年前から「ピンクリボン」の運動に賛同して、周囲に、
「マンモグラフィ検査受けた方がいいよ」
と言ってきました。
前記事に書いた通り、私はマンモグラフィ検査でがんが見つかったので、マンモグラフィ検査が無駄だったとは思っていません。
受けて良かったと思っています。
が、上記の書き込みが、もし本当だとしたら、マンモグラフィよりエコーの方がいいということになります。
本当かどうかわからないし、マンモグラフィがまったく悪い検査とも思えないけれど。
私の呼び掛けで、マンモグラフィ検査を受けた方には、申し訳なく思います。
ごめんなさい。

言い訳になってしまうけど、このことは数日前、たまたまネットで見つけたもので、私もびっくりしているところです。


今、携帯からなので、見つけられませんでしたが、マンモグラフィにもエコーにも、それぞれ得意不得意がある、という書き込みを見た記憶があります。
そうすると(互いの欠点を補うために)、検診の際には、

触診
+マンモグラフィ
+エコー

の3点セットをやるのが確実なのかな?とも思います。
(あくまで、私の勝手な想像ですが…)
別窓 | from携帯
∧top | under∨
| human stain |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。