human stain

休職→復職→退職勧告を拒否しつつ通勤→強制解雇●現在自宅療養中●抑うつ・睡眠障害・抜毛・がん闘病中●病気・趣味・思いついた事などをつらつらと●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

号泣

昨日、映画「沈まぬ太陽」を観てきた。

前半号泣。

あくまでフィクション作品なのだけど。
御巣鷹山の事故が出てくるから。

映画の冒頭でこれから123便に乗る乗客が出てきて。
普通の人たちが普通に乗り込んでく風景見て。
「この人たちみんな亡くなるんだ」
と思ったら、涙がボロボロ出てきてしまった。

20数年前の事故。
私は子供だったけど、よく覚えている。
知り合いに被害者や関係者は一切いないけど、どうしてもあの事故のことは気になって仕方がない。
だから、「クライマーズ・ハイ」も観に行ったし、原作も読んだ。
興味本位ではなくて。
思い出すと悲しくて悲しくて仕方ないのだ。
でも忘れてはいけないと思うし。
今、こうして記事を書いていても涙が出てくる。



今でもあの520人を助ける事は出来なかったのかと思う。
せめて映画の中だけでも助けられないかとか、無意味な事も考えてしまう。

映画「沈まぬ太陽」でも「クライマーズ・ハイ」でも、被害者の方が書いた遺書が出てくる。
当時、新聞に遺書が書かれた手帳の写真が載っていたのを覚えているから、遺書のシーンも号泣してしまった。

あの事故に関わった人は何百人?否、何千人?何万人といるのだろう。
警察・消防・医師・看護師・自衛隊・地元の方々・報道関係等々。
みんな忘れられないと思う、事故のことを。
何も関わっていない私ですら、忘れられないのだから。

あんな事故は二度と起きて欲しくない。

改めて、犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。
別窓 | たわごと
∧top | under∨
| human stain |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。