human stain

休職→復職→退職勧告を拒否しつつ通勤→強制解雇●現在自宅療養中●抑うつ・睡眠障害・抜毛・がん闘病中●病気・趣味・思いついた事などをつらつらと●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

自戒をこめて…

初対面の人と会う時って、
「はじめまして」
などの挨拶をするとともに、自分の名前を言いますよね?

面識のない人に初めてお手紙を書く時も、
「挨拶&自分の名前」
を書きますよね?

でも、それがネット上になると出来ない人がいるってのはどうしてでしょうか?


昨日観た映画「サンキュー・スモーキング」で出てきたやり取り。

『習慣的な喫煙は肺ガンや呼吸器障害を起こすと思いますか?』
『はい。煙草が無害だと思いますか?』
 (振り返って聴衆に聞く)

これは、煙草のパッケージにドクロのマークをつけるという法案に関する公聴会でのセリフ。


一般常識と言われていることなら、あえて言う必要もないのでしょう。
誰でも、煙草は健康に悪いと知っているだろうし、冒頭に書いたような挨拶は大切だとわかっているでしょう。

しかし、世の中には、マナーを叫ぶ媒体が多いです。
何故でしょうか。

それは、マナーを守れない人が存在するから、ですね。


最初の話に戻りますと…
初対面の人に対してと、何度も会っている人に対しては、自然に対応や、話し言葉が違ってきますね。
それは、誰でも身をもって体験していますよね?

その体験が、何故ネット上だといかされない場合があるのでしょう?

私も今までネット上で失敗した事はあります。
いろんなサイトを見て気付いたり、人から注意を受けた事もあります。

知らない相手に対しての挨拶は大切ですね、ほんと。
私も改めて、気をつけたいと思っています。




ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
別窓 | たわごと | コメント:0
∧top | under∨
<<きのうlindtで(BlogPet) | human stain | 今年も葛きり>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| human stain |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。